蛍光重染色蛍光重染色

蛍光重染色

蛍光重染色

(株)バイオ病理研究所は、開業30年を迎えました。GLP施設として、新たな気持ちで精進して参ります。

業務内容

●HE染色標本作製 ●非GLP試験からGLP試験(複数場所試験対応)、癌原性試験まで受託致しております。●国立研究機関あるいは大学などの研究用切片もスライド1枚から作製致しております。●脳(頭蓋骨含む脳)・動脈・心臓弁・ […]

会社案内

会社名 株式会社 バイオ病理研究所 英名 Biopathology Institute Co., Ltd 代表者名 代表取締役 金林 智倫 運営管理者 金林 智倫 所在地 〒873-0511 大分県国東市国東町小原120 […]

研究所作業風景

弊社では、女性のテクニシャンを中心とした病理標本作製をしています。きめ細やかな対応ができる標本をお届けすることで、GLP施設として、信頼性のある病理標本を心がけて作製しております。 弊社の病理標本作製過程の紹介です。

アクセス

●空路でお越しのお客様の場合。弊社は、大分空港より車で10分の距離にあります。東京羽田空港より1時間15分、大阪伊丹空港から45分です。弊社へお越しの際には、事前にメールor 御電話をいただければお迎えに参ります。 ●陸 […]

ブログ

2
1月
biopathology
コメントはまだありません

非常用発電機を導入致しました。

弊社は、今回の建替工事で、非常用発電機を導入致しました(株式会社昭栄 ガス電くん)。燃料はLPガスの発電機です。停電時、約30秒で非常用発電機に切り替わり、全棟すべての電気機器が利用可能になります。災害時には、約1週間分 […]

続きを読む
26
12月
biopathology
コメントはまだありません

井戸水濾過装置を設置しました。

井戸水の濾過装置システムを導入しました。導入後、水道水以上の水質基準になりました。弊社の病理標本作製の水として利用しますが、災害時の「断水」における水の確保にも対応しています。

続きを読む
26
12月
biopathology
コメントはまだありません

農薬GLP 適合を頂きました。

弊社は、農林水産省消費・安全局に7回目の農薬GLP基準適合確認を申請し、適合を頂きました(評価結果通知:令和2年11月6日 適合)。これからも、GLP施設として、日々精進して参ります。

続きを読む
16
11月
biopathology
コメントはまだありません

ホームページリニューアル

新しいURLは、「https://bio-patho.com」になります。URLの変更をお願いします。

続きを読む
PAGE TOP